TOPページ > 症状・事例 > 成田童夢選手(トリノ五輪スノーボード日本代表)の治療症例

成田童夢選手(トリノ五輪スノーボード日本代表)の治療症例

先日、当院の提携先である ふじてんスノーリゾートにて成田童夢さんと一緒にスノーボードする機会がございました。一緒にリフトから滑りはじめるのですが5秒後には視界から消えるさすがの滑りでした!(^-^;
滑り終えた後、腰から背部の痛みを訴えているので、急遽ふじてんの救護室にて治療することになりました。

症状

背部から腰部の回旋、伸展痛、坐位にての安静時痛

本人の思い当たる原因

2週間前に他のスキー場にてジャンプ台からジャンプしたときから腰に違和感でたのこと

診断

共立スタッフが、検査したところ頸椎1番、2番、3番と第一肋骨にエラーがあり左肩関節が、左股関節も内旋内転しそれに追従するように脊椎のねじれがみられました。そのような捻じれた状態でジャンプしたことで背部から腰部に大きな負担がきたと考えられます。

施術

治療は、ベットにて腹臥位と坐位にて身体のねじれをとる整体治療中心に行いました。治療後、坐位にての違和感はまだ残っているが、回旋、伸展の痛みはかなり減ったという言葉頂きました。

まとめ

スポーツにおいてのジャンプ動作は、特に正しい身体バランスが要求されます。身体バランス悪い状態でスポーツを行えば弱っているところに大きな負荷がかり身体を痛めてしまいます。身体を痛めないでスポーツパフォーマンスをあげるには、正しい身体バランスを手に入れる必要があるのは言うまでもありません。

関連リンク
テーピング
テーピング
施術風景
施術風景
施術風景
施術風景
成田童夢選手と中津先生
成田童夢選手と中津先生
ふじてんスノーリゾートにて
成田童夢選手と中津先生
成田童夢選手と中津先生
ふじてんスノーリゾートにて
成田童夢選手と富士山
成田童夢選手と富士山
-お問合せ・初診受付はこちら-
電話予約・無料相談
042-737-3324
診療時間
月~金 9:00~21:00
(お昼休憩無し)
土・日 祝 9:00~17:00
(お昼休憩無し)

その他

ふじてんスノーリゾート 治療院のミカタ 治療院のお役立ちサイト
©2016 Kyouritsusougouseikotsuin