TOPページ > 症状・事例 > 腰部脊柱管狭窄症とは?

腰部脊柱管狭窄症とは?~良くなるの?治らない?~

腰部脊柱管

腰部脊柱管

腰部脊柱管とは、背骨、椎間板、関節、黄色靱帯等に囲まれた脊髄神経が通るトンネルのことを言います。

なぜ腰部脊柱管狭窄症になるのか?

脊柱管が狭くなっている部分

背骨は、不良姿勢や偏った生活習慣を長年続けたことで身体バランスがくずれ変形していきます。
変形とともに椎間板が膨らんだり、背骨の黄色靱帯が厚くなって神経の通る脊柱管を狭くなります(狭窄)。
それによって神経が圧迫され、神経の血流が低下して脊柱管狭窄症になります。

腰部脊柱管症の症状

(1)間欠性破行

両脚にシビレや痛み

歩いているとだんだん両脚にシビレや痛みがでてき歩きずらくなる状態。休んだり体丸めると歩きやすくなるのが特徴。

(2)両下肢~お尻のシビレ、痛み。

排尿障害

ひどくなると排尿障害や性機能障害も出てきます

腰部脊柱管症と椎間板ヘルニアとの見分け方

・身体を丸めて腰にシビレや痛みがでる場合
椎間板ヘルニアが疑われる

・身体を反らして腰にシビレや痛みがでる場合
腰部脊柱管狭窄症が疑われる

※あくまで大まかな目安です。確定診断には、レントゲンやMRIの撮影が必要になります。

良くなるの?治らない?

脊柱管狭窄症の原因となっている骨の変形や靭帯の肥厚は、一度なると残念ながら良くなりません。
症状を緩和する一般的な対策は、

(1)膝抱え込みストレッチ

膝抱え込みストレッチ

(2)手押し車を使う

手押し車

上記の方法で、症状緩和が一時的には緩和されます。
ただ、根本から痛みをとることはできません。。

そのままほっとくと、、

「脚の痛みが増し、歩けなくなる恐れがあります」

共立式整体治療では、偏った身体バランスを改善することで、脚の痛みを減らし正常歩行に導きます。

症状が悪化しないうちに、一度当院までご相談ください。

-お問合せ・初診受付はこちら-
電話予約・無料相談
042-737-3324
診療時間
月~金 9:00~21:00
(お昼休憩無し)
土・日 祝 9:00~17:00
(お昼休憩無し)

その他

ふじてんスノーリゾート 治療院のミカタ 治療院のお役立ちサイト
©2016 Kyouritsusougouseikotsuin